本文へスキップ

美食を楽しむ旅をご提案。○○町の宿 旧丹波屋旅館 保存会

お問い合わせはTEL.01634-7-8423

小頓別(しょうとんべつ)の歴史

鉄道・林業のまちとして発展

温泉イメージ 天北の大地は林産資源の宝庫です。小頓別の地には、大正3年(1914)に国鉄駅が開業・翌大正4年(1915)には学校が開校しました。駅前の通りには旅館・商店・医院・床屋等の施設が軒を連ね、隣接の秋田地区に向かう道路沿いには社宅街が形成されました。
 小頓別駅・国道275号線を中核とした物流の拠点としても、次第に隆盛していきました。

現在の小頓別

館内施設イメージ 林業需要の低下に伴い人口の流出が始まり、平成元年(1989)にはJR天北線が廃止となり、平成21年(2009)3月には小頓別小中学校(平成3年より山村留学生を受け入れ)が廃校となっています。
 現在では木工所は一軒となり、人口は70人弱となっています。
店舗写真

information店舗情報

旧丹波屋旅館 保存会

〒098-5013
北海道枝幸郡中頓別町字秋田
TEL.01634-7-8423
FAX.01634-7-8423
→アクセス